ここから本文です

<グリコ>神戸工場見学施設、200万人突破

6/15(木) 22:11配信

毎日新聞

 ◇1988年4月に開館の「グリコピア神戸」

 江崎グリコが西日本で唯一、菓子を製造する神戸工場(神戸市西区)に併設する見学施設「グリコピア神戸」の来館者が15日、200万人を突破した。開館後29年2カ月での達成で、この日の記念式典に出席した江崎勝久社長は「グリコ・ファンづくりへの効果が期待以上に高かった」と話した。

 グリコピア神戸は、1988年4月に開館。ポッキー、プリッツの製造工程を間近に見ることができ、おまけのおもちゃなども展示。小学生の見学のほか、民間企業がグリコの伝統に学ぼうと研修で使ったり、高齢者の団体が訪れたりするケースも増えている。

 200万人目となったのは、奈良市の会社員、河井佑樹さん(32)一家。江崎社長から記念品を贈られ、河井さんは「僕らはグリコで育った。子供もグリコで元気に育ってくれたら」と笑顔で話した。【宇都宮裕一】

最終更新:6/15(木) 22:16
毎日新聞