ここから本文です

アスクル、倉庫火災受け大規模訓練=消防と合同実施

6/15(木) 21:00配信

時事通信

 オフィス用品通販大手アスクルは15日、埼玉県日高市の倉庫で大規模な消防訓練を行った。2月に同県三芳町の倉庫で起きた火災の反省などを踏まえ、消防と合同で実施。訓練に参加した岩田彰一郎社長は「火災の再発防止は最重要テーマで、初期消火や消防との連携に重点を置き対策していく」と述べた。

 訓練にはアスクルの従業員約250人が参加した。日高市の倉庫は4月に稼働した個人向け通販「ロハコ」の物流拠点で、倉庫内の出火を想定して行われた。 

最終更新:6/15(木) 22:29
時事通信