ここから本文です

DeNAの宮崎、初の満塁弾=28歳で才能開花-プロ野球

6/15(木) 22:52配信

時事通信

 DeNAの宮崎が一振りで試合をひっくり返した。五回1死満塁。追い込まれてからの5球目、内角高めの変化球を腕をたたんでジャストミート。鋭い打球は左翼ポール寄りの中段に突き刺さった。プロ5年目で初のグランドスラム。「最低でも犠飛と思っていた。最高の結果になってよかった」と声を弾ませた。

〔写真特集〕鮮烈デビュー

 昨季途中から出番が増え、初めて100試合以上に出場。今季は故障もあったが、28歳にして才能をブレークさせ、筒香の後ろの5番にほぼ定着しつつある。ラミレス監督は「バットコントロールはチーム1どころか、リーグ1と言えるくらい」と高く評価する。

 広角に打ち分けて、打率3割3分9厘は堂々のリーグトップだ。それでも「首位打者だからレギュラーというわけではない。(三塁の)定位置を譲らないようまだまだアピールしたい」と謙虚な姿勢を崩さない。

 チームは交流戦7勝8敗。残り3試合で2014年以来の勝ち越しを目指す。宮崎は「全部勝つつもりで頑張る」と、中心打者としての自覚を漂わせた。

最終更新:6/15(木) 23:01
時事通信