ここから本文です

鈴木亮平、共通点は「マニアックなところ」=宮沢賢治役で連続ドラマ主演-WOWOW

6/15(木) 23:03配信

時事通信

 俳優の鈴木亮平が15日、東京都内で行われたWOWOWの連続ドラマ「宮沢賢治の食卓」のPRイベントに出席した。詩人で童話作家の宮沢賢治に扮(ふん)する鈴木は、役どころと自身の共通点を聞かれると、「マニアックなところが似ている」と思いを巡らせた。

〔写真特集〕世界で最もハンサムな顔 2016

 宮沢賢治の人物像について、「石や食べ物、星などに詳しかったように、夢想する力の裏側ではいろいろな知識があふれ出していた」と鈴木。「そうした知識を持って、想像を広げながら物語を作っていた」と分析した。

 その上で、「自分はそこまでではないけれど、世界の遺跡や地層、いろいろな種類の魚を見ることが大好き。そういうところは、ちょっと似ているなと思った」と語った。

 ドラマは、魚乃目三太氏が手掛けた漫画が原作。青年時代の賢治を演じる鈴木は、「これまで誰も描いていなかった(宮沢賢治の)姿が、このドラマでは映し出されている」とアピールしていた。

 イベントには妹トシ役の石橋杏奈、御法川修監督も出席した。ドラマは全5回で、放送は17日から。

最終更新:6/16(金) 13:45
時事通信