ここから本文です

領土問題解決に資する=共同経済活動、安保懸念も―ロシア大統領

6/15(木) 23:41配信

時事通信

 【モスクワ時事】ロシアのプーチン大統領は15日、北方四島での日ロの共同経済活動について、「実現可能だと思う。領土問題の解決のために良い環境をつくり出さなければならない」と語り、同活動の実現が領土問題の解決に資するとの考えを明らかにした。

 国民とのテレビ対話後に記者団に語った。

 一方で「問題もある。この地域を含む安全保障問題と、同盟国との間の日本の義務だ」と述べ、日米安保条約を念頭に、北方領土周辺に米軍が展開する可能性に改めて懸念を表明した。

 大統領はこれらを「非常に微妙な問題」と指摘。共同経済活動の最終的な形は安保問題の議論の結果で決まるという認識を示した。 

最終更新:6/16(金) 0:33
時事通信