ここから本文です

【楽天】新記録逃した則本「いつか途切れること。それより勝てなかったことが…」

6/15(木) 21:54配信

スポーツ報知

◆日本生命セ・パ交流戦 ヤクルト6―2楽天(15日・神宮)

 楽天・則本昂大投手(26)の連続2ケタ奪三振が8試合で止まった。米メジャーリーグでP・マルティネス(Rソックス)、C・セール(Wソックス、Rソックス)が樹立した8試合連続を越える“世界新記録”の樹立はならなかった。

 初回に1死から上田、山田から2者連続三振を奪うなど好スタートを切り「入りは悪くなかった」と振り返った右腕。最速は156キロをマークし、降板する7回まで毎回三振を奪った。だが、1点リードの5回に大引のスクイズで同点に追いつかれると、6回に雄平の2点適時二塁打で勝ち越しを許し、7回には自身の失策も重なって計6失点。7回114球、7安打6失点、8奪三振で2敗目を喫した。

 試合後、悔しさをにじませながらクラブハウスに戻っていった右腕は「ミスも重なって失点して、負けて当然だと思う。記録はいつか途切れること。それよりも(チームが)勝てなかったことが悔しい」と話した。梨田監督は「(8Kで)ひょっとしたらという所だったけど、勝って達成して欲しかった。ただ(7回まで)責任感を持ってよく投げてくれた」とかばっていた。

最終更新:6/15(木) 22:56
スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合6/27(火) 18:10

Yahoo!ニュースからのお知らせ