ここから本文です

【新馬戦出走馬】マリームーン、藤沢和厩舎期待の牝馬が18日函館5Rでデビュー

6/16(金) 6:03配信

スポーツ報知

 オークス、日本ダービーを制した藤沢和厩舎が函館開幕週に期待の2歳馬を送り出す。カジノドライヴ産駒の牝馬、マリームーンが武豊騎乗で18日の5R(芝1200メートル)でデビュー戦を迎える。

 半兄には10年共同通信杯覇者ハンソデバンド(父マンハッタンカフェ)。藤沢和厩舎で研修中の武幸調教師が騎乗した14日の追い切りは、芝コースで3頭併せの真ん中で5ハロン67秒2―12秒4の時計で併入。追い切り翌日の雰囲気も確かめた津曲助手は「年長馬2頭に挟まれてもよく踏ん張った。距離の融通も利きそう」と合格点をつけた。

 トレーナーが「そんなに乗ってないか」と驚くように藤沢和×武豊のタッグは4年ぶり(13年7月27日、小倉11Rのダノンゴールド=1着)。08年ピーターパンS・米G2を制した父と同じように、名手とともに新馬Vを狙っていく。

最終更新:6/16(金) 6:03
スポーツ報知

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

Yahoo!ニュースからのお知らせ