ここから本文です

【阪神】金本監督、劇的サヨナラで通算100勝目も「全然頭になかった」

6/15(木) 22:45配信

スポーツ報知

◆日本生命セ・パ交流戦 阪神3x―2西武=延長10回=(15日・甲子園)

 阪神が今季3度目のサヨナラ勝利を収め、金本監督が通算100勝を手にした。延長10回1死満塁から原口が左前へのサヨナラ安打。交流戦の勝率5割以上も確定し、指揮官も満足げに振り返った。(以下は一問一答)

 ―通算100勝が劇的勝利。

 「全然頭になかったです、100勝は。今日の勝ちがどうしても欲しかったので、それしか頭になかったです」

 ―福留がセーフティーバントを試みてつないだ。

 「全くノーサイン。彼がどういう打撃をすればいいと考えての判断。僕は任せきっているので」

 ―中谷も5安打でつないだ。

 「(とくに延長10回の)最後のヒットですね。追い込まれた後でもライト前。もう素晴らしい打撃でした」

 ―最後は状態の良くなかった原口が決めた。

 「あそこで打ってくれるのが原口。序盤、ちょっとふがいないバッティングとかがあった中で、あの場面で取り返してくれた。彼の勝負根性、集中力。恐れ入りますね」

 ―メッセンジャーは粘りの投球。

 「制球が定まらず、ストライクを取るのに四苦八苦していた。その中でメヒアの一発だけで、よく粘ってくれました」

 ―リリーフが見事な投球。

 「もちろんあれだけの勝ちパターンのリレーをして、絶対に負けるわけにはいかないと思っていた。完璧に抑えてくれました」

 ―明日から楽天戦。

 「パ・リーグ首位のチームですけど、勝ち越しを目指して、まず明日。必ず初戦を取りたいと思います」

最終更新:6/19(月) 15:29
スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合6/23(金) 3:50