ここから本文です

上原ひろみ × エドマール・カスタネーダ、競演シーン含む最新映像公開

6/15(木) 15:30配信

BARKS

上原ひろみが6月6日~11日、ジャズの殿堂「ブルーノート・ニューヨーク」にて日本人初となる13年連続公演を開催。そのトレーラー映像が公開された。

◆トレーラー映像

今回行なわれたのは、上原が今年2017年から本格的に始動させたジャズ・ハープ奏者、エドマール・カスタネーダとの新プロジェクト「上原ひろみ × エドマール・カスタネーダ」としての6日間公演。動画では二人の競演の映像やインタビュー、舞台裏などを見ることができる。

動画内のインタビューで、上原は「ハープがこんな風に演奏されたり、ハープとピアノが一緒にこんな演奏をするのは殆どの人が見たことないと思います。実際見てくださった方はみなさんとても驚いていました。私たち二人を含め、みなさんにとって全く新しい体験だったんだと思います」と英語で語り、エドマールは「これは、ピアノとハープの共演の始まりだと思っています、それに日本とコロンビアにとっても」と話している。

このデュオは9月24日神奈川・横浜赤レンガ倉庫広場で開催される<Blue Note JAZZ FESTIVAL in JAPAN>に出演する予定。これが日本でのパフォーマンスとなる。

エドマール・カスタネーダは南米コロンビア出身。16歳でニューヨークに移り、ウィントン・マルサリスやゴンザロ・ルバルカバとの共演でも知られる世界最高峰のジャズ・ハープ奏者。二人の出会いは2016年6月、上原がカナダの<モントリオール国際ジャズ・フェスティバル>に出演した際に観たエドマールの情熱的なパフォーマンスに共鳴し、交流がスタート。翌7月には早くも上原のブルーノート・ニューヨーク公演のステージにて初共演が実現している。

<Blue Note JAZZ FESTIVAL in JAPAN 2017>
2017年9月23日(土)、24日(日)
神奈川・横浜赤レンガ野外特設ステージ(雨天決行)
11:00開場/12:00開演
※上原ひろみ × エドマール・カスタネーダの出演日は9月24日(日)

S指定席24,000円
S席特典:各種優先サービス(専用トイレ、優先ドリンクレーン、記念グッズ)
A指定席16,000円
スタンディング11,000円
※料金はいずれも税込・入場時別途ドリンク代500円有。
※出演アーティスト変更による払い戻しは致しません。
※未就学児は保護者1名につき児童1名のみ入場無料となります。(スタンディングエリアのみ)

最終更新:6/15(木) 15:30
BARKS