ここから本文です

映画初主演のCKB横山剣は「フレッシュ」 共演・伊原剛志らが感嘆

6/15(木) 14:36配信

オリコン

 今年結成20周年を迎えるクレイジーケンバンド(CKB)が15日、都内で行われたボーカル・横山剣の初主演映画『イイネ!イイネ!イイネ!』(24日公開)フライングスペシャル上映会に出席した。幼なじみ役で共演した俳優の伊原剛志は、横山の“俳優”の顔に「歌手としては何十年も長いんですが、役者としては本当にびっくりするくらいフレッシュですよね。新鮮でした」と感嘆の声を漏らした。

【写真】横山剣、伊原剛志、中野英雄のおちゃめな「イイネ!」3ショット

 横山をはじめとするCKBメンバーがそろって本人役で出演する本作は、彼らが活躍の場とする横浜が舞台。本牧に生まれ育ったミュージシャンのケンと、その幼なじみの男(伊原、中野英雄)の熱い友情をCKBの名曲を交えて描いていく、甘酸っぱい大人の男性の青春ストーリー。

 井原は「剣さんフレッシュって言葉が似合わないんですけども、フレッシュでした。ぶどうのようにフレッシュ」と連呼すると、横山も「フレッシュです!」と胸を張る。もうひとりの幼なじみを演じた中野は「せりふを言い終わるとすぐ僕をみるんです。サングラスのまま見られるので怖いんですけど、すごく不安げな顔なんです」と横山の意外な一面を明かすと当の本人は「保護者みたいで…」と照れ笑いしながら振り返っていた。

 ファンを前にした同イベントではCKBによるサプライズライブも敢行。写真撮影後、観客の「もっとやって!」の声に応えるように演奏を開始すると、途中から本編にも参加している山口智充が登場。共にヒット曲「タイガー&ドラゴン」を熱唱すると、山口は「いや、気持ちよかったです、最高です」と大満足の表情で、普段から親交の深い横山を「気さくで下ネタが合う!」と暴露して笑いを誘っていた。

 このほか一雫ライオン、門馬直人監督が登壇した。

最終更新:6/15(木) 14:49
オリコン