ここから本文です

横澤夏子、名前でベストスイマー受賞に恐縮「水泳はちょっぴり苦手」

6/15(木) 19:57配信

オリコン

 芸人の横澤夏子が15日、都内で行なわれた第18回ベストスイマー2017表彰式に出席した。社会的に影響力があり、水に親しんでいたり、水泳をこよなく愛する人を表彰する同賞。横澤のほかにはモデルの道端カレン、BOYS AND MENの辻本達規、芸人の千原せいじが受賞した。

【動画】司会者からネタの無茶振りをされる横澤夏子

 道端の受賞理由として「週4日スイミングスクールに通い、毎回4000メートルほど泳ぐ」「国内のトライアスロン大会での優勝」といったエピソードが紹介されると、水泳関係者の集まる会場からはどよめきが起きた。しかし、つづく横澤の番には、司会者が「卓球一家に育ち、卓球が特技な横澤さん」と紹介されると、せいじから「水泳関係ないやないか」とツッコミ。受賞理由も「水泳はちょっぴり苦手な横澤さんですが、名前(夏子)の通り夏のきらめく水しぶきにピッタリ」とこじつけ気味で、会場は笑いに包まれた。

 横澤は「皆さん、トライアスロンなど水泳に関わりのあるなか、水泳がちょっぴり苦手という私が受賞してしまって」と恐縮しながらも、「苦手だったからこそ、小さい頃スイミングスクールに通っていて25メートル泳げたときのうれしさがあって、それも今も思い出しながら頑張っていますね」と喜びを語った。

最終更新:6/15(木) 20:12
オリコン