ここから本文です

野際陽子さん死去 共演者続々追悼 間寛平「言葉も出ない」 中山秀征「心の中で…」

6/15(木) 22:12配信

オリコン

 今月13日に81歳で亡くなった女優・野際陽子さんの訃報を受け、ドラマや番組で共演したミッキー・カーチス(78)、間寛平(67)、中山秀征(49)、恵俊彰(52)、原田泰造(47)らが15日、所属事務所を通じて続々と追悼コメントを発表した。

【写真】野際陽子さんの娘…女優の真瀬樹里

 野際さんと最後に会ったのが5月上旬だったというミッキーは「野際さんとは、こんな長いことやってるのに、現場が一緒になったのは、『やすらぎの郷』が初だったんだよ。現場では、昔のフランスに行っていた話を聞いたり、つい最近まで現場でしゃべってたから、本当に信じられないよ」と突然の訃報に驚き「素敵な女優さんだったね。ご冥福をお祈り致します」と追悼。

 中山は「突然の訃報に驚きました。野際さんには『静かなるドン』にて母親を演じていただきました。朝から晩まで長い撮影でしたが、間近で役者としての心構えや、作品に対する準備を見せていただき、勉強させていただきました」と、思い出を振り返り「これからも皆様の心の中で生き続けると思います。心より御冥福をお祈り申し上げます」。

 『サラリーマン金太郎』で共演した恵は「去年もお歳暮で明太子をいただきました。毎年明太子でした。とにかくぶれない方でした。それでいて周りをリラックスさせる方でした」と人柄に触れ「野際さんに聞きたいことがまだまだたくさんありました。残念です。心からご冥福をお祈りいたします」とした。

 「言葉も出ないくらいショックです。。。」という間は「以前に出演してた番組『いつみても波瀾万丈』の頃から本当にお世話になっていました。食事にもよく連れて行って頂いたり、アースマラソンの時にも応援に来て頂き、『寛平ちゃん! 寛平ちゃん!』と、本当に可愛がってもらっていました。あんなに元気やったのに、本当に残念です。。。心よりお悔やみ申し上げます」とコメント。

 昨年4月に放送されたドラマ『コントレール~罪と恋~』で共演したという原田は「ドラマの空き時間に楽しくお話をさせていただいたり、けん玉を一緒にやったのをよく覚えています。いつかまたご一緒したいと思っていただけにとても残念です。ご冥福をお祈りします」とつづった。

 野際さんは大学卒業後、1958年にNHKアナウンサーとして入局、62年に退職し翌63年に女優デビュー。68年スタートのTBSドラマ『キイハンター』に出演して人気に。その後も映画、ドラマに出演した。

 92年にはTBS『すっとあなたが好きだった』では息子・冬彦を溺愛する母親役を演じたほか『ダブル・キッチン』『浅見光彦シリーズ』などで存在感のある演技を見せ、最近もテレビ朝日『やすらぎの郷』『警視庁捜査一課9係』などに出演していた。

 プライベートでは『キイハンター』で共演した俳優・千葉真一(78)と73年に結婚し、94年に離婚している。

最終更新:6/16(金) 1:39
オリコン