ここから本文です

JABA県協会長松本さん 日本野球連盟が感謝状

6/15(木) 10:58配信

福島民報

 JABA県野球協会長の松本壹雄(かずお)さん(70)=福島県相馬市=は日本野球連盟から感謝状を受けた。松本さんは福島市で一部の試合が行われる2020年の東京五輪野球競技に向け競技振興を目指す県野球団体協議会の初代会長を務めている。「福島の野球を盛り上げ、震災からの復興につなげたい」と決意を新たにしている。
 松本さんは平成9年2月から県野球協会理事長、16年2月から同会長を務めている。16年2月から今年5月まで社会人野球を統括する日本野球連盟の評議員を歴任した。野球の発展と連盟運営に貢献したとして5月に東京都で開かれた日本野球連盟の会合で市野紀生会長から感謝状を受けた。今回、全国から15人が感謝状を受けた。
 県野球団体協議会には県内の硬式、軟式野球の9団体が加盟した。リトルリーグや中学、高校、大学の野球団体も加わっている。各団体が連携し、本県野球界の競技力向上や野球人口の拡大などを目指す。「五輪を契機に福島の野球がこれまで以上に盛んになってほしい」と願っている。

福島民報社

最終更新:6/15(木) 10:59
福島民報