ここから本文です

高橋真麻の“ナイスバディー”暴露にカトパン「真麻さんも、ものすごい」

6/15(木) 14:41配信

サンケイスポーツ

 フリーアナウンサーの高橋真麻(35)が15日、日本テレビ系情報番組「スッキリ!!」(月~金曜前8・0)にVTR出演し、フジテレビ時代の後輩であるフリーアナウンサー、加藤綾子(32)について「ナイスバディー」だと明かした。

 番組では加藤が番宣のため生出演したが、加藤についての“裏話”を持っているという真麻がVTRで登場した。その中で真麻は「声を大にして言いたいのは、加藤綾子ちゃんは本当に良い人。圧倒的に素晴らしいビジュアルね、まず。それでいて、かわいくて、優しくて、性格が良くて、アナウンス技術もしっかりしていて、周りの空気も読めるし、ダメなところがない。てかダメなところあるのかな? ある? 字もきれいだし…。欠点が見当たらない」と加藤を絶賛。「あっ、お肉食べられないところがちょっと残念だなと思います。一緒にお肉食べたいのに…」と強引に欠点をひねり出していた。

 また、加藤との思い出について真麻は「実は一緒にお風呂に入ったことがあります」と告白。「ゴルフのロケがあって、そのとき寒かったので終わったあと、女子アナみんなでお風呂入ったりとかしましたね」と説明した。さらに「噂にもありますけれども、(加藤は)ナイスバディーですよね。私もジロジロ見てたわけじゃないですけれども」と笑った。

 VTRが明け、同番組で“天の声”を務めるお笑いコンビ、南海キャンディーズの山里亮太(40)から「その時は、真麻さんの目線は感じたんですか?」と聞かれた加藤は「あんまり感じてなかったですけど、私は私で、真麻さんも、ものすごいので…。おっぱいというか胸が。だからすごい見てました、私は」と真麻も“ナイスバディー”であることを伝えた。