ここから本文です

風間由次郎、「オーバーリング・ギフト」への思いを披露 「勇気を与えられたら」

6/15(木) 21:00配信

サンケイスポーツ

 俳優の風間由次郎(29)が15日、初めて作・演出を手がけたオリジナル・ミュージカル「オーバーリング・ギフト」が初日を迎えたことから、音楽を担当したWEAVERの杉本雄治(28)、主役の猪塚健太(30)とともに、東京都内で囲み取材に応じた。

 作品は近未来が舞台。子供は生まれてすぐに才能を決められたリングを装着することになっており、主人公のアスターは親から優れたリングを与えられた。しかし、ある少年の命を救うため、そのリングを手放したことから家を追い出され、人生が変わるというストーリー。

 風間は「新たな一歩を踏み出す人に、きっかけ、勇気を与えられたら」と作品への思いを披露。

 また楽曲について、杉本は「満足のいく仕上がりになったと思う」と振り返り、さらに「(役者の)パフォーマンスと楽曲が重なるところに注目してほしい」と見どころを強調。

 猪塚も「この作品の歌で(観客が)自分の悩みに対して、ちょっとでも勇気づけられればという思いもある」とアピールした。

 「オーバーリング・ギフト」は、25日まで東京・青山の「DDD青山クロスシアター」で上演される。