ここから本文です

阪神、福留の適時打で一回に先制

6/15(木) 18:44配信

サンケイスポーツ

 (セ・パ交流戦、阪神-西武、3回戦、15日、甲子園)首位・広島を3ゲーム差で追う阪神は一回、福留孝介外野手(40)の右前適時打で1点を先制した。一死から大和が四球を選び出塁。続く高山の一ゴロ間に大和が二進。続く4番・福留が西武先発・十亀の145キロの真っすぐを右前にはじき返し、先制打となった。

 一回から4番の仕事を果たした福留は「先制のチャンスの打席でしたし、後ろにつなぐことを考えて打ちにいきました。早い段階で先制することができてよかったです」とコメントした。

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合6/26(月) 9:45