ここから本文です

自民憲法改正推進本部 8月まで個別項目議論 執行役員会で方針

6/15(木) 19:50配信

産経新聞

 自民党憲法改正推進本部(保岡興治本部長)は15日、党本部で執行役員会を開き、8月までに保岡氏が改憲項目として例示した9条、緊急事態条項、参院の「合区」解消、教育無償化の議論を一巡させる方針を決めた。8月末までに改憲項目の論点整理をまとめる案も出たが、異論が相次ぎ合意には至らなかった。

 保岡氏は「改正論議を具体的かつスピード感を持って推進したい。遅くとも年内をめどに党の案をまとめたい」と重ねて意欲を示した。党内には来年の通常国会での改憲発議を目指し、今年9月にも党改憲案のたたき台をまとめ、11月ごろから公明党や日本維新の会と協議する日程感が浮上している。

最終更新:6/15(木) 19:50
産経新聞

Yahoo!ニュースからのお知らせ