ここから本文です

LiLiCo「過ぎ去った男性はどうでもいい」 恋愛についてキッパリ

6/15(木) 22:16配信

サンケイスポーツ

 俳優の永瀬正敏(50)が15日、東京都内で行われた主演映画「光」の公開記念イベントに映画コメンテーターのLiLiCo(46)とともに出席した。

 同映画は、視力を失っていく長瀬演じるカメラマンと、人生に迷いながら生きてきた女性が出会うことで、女性が変化していく様子を描く、ラブストーリー。今年5月に開かれたカンヌ映画祭でエキュメニカル審査員賞を受賞している。

 LiLiCoが冒頭、受賞を祝福すると、永瀬は「台北国際映画祭にも招待されています」と明かし、「どうですかご一緒に」と水を向けた。

 するとLiLiCoはすかさず「行っていいんですか! 言葉もいろいろしゃべれるし、おいしいところもたくさん知っていますよ」とすっかりその気になり、笑いを誘った。

 またLiLiCoが主人公のカメラマンについて「相当なプロフェッショナルで、イケメンで、すごいもてていたと思います」と独自解釈を披露すると、永瀬は「うっ、う~ん」と苦笑い。

 LiLiCoは恋愛について「過ぎ去った男性はどうでもいいです。嫌いで別れている」と言い切った。

 さらにイベントの最後で、河瀬直美監督(48)が駆けつけ飛び入りで登場。少し息を切らせながら、「映画は本当に国境を越えるし、人々をつなぐ間隔を共有できるから、駆けつけてよかったです」とあいさつすると、会場からは大きな拍手が起きた。