ここから本文です

スーパーシニア学部新設 岐阜市の生涯学習講座

6/15(木) 7:57配信

岐阜新聞Web

 岐阜市の生涯学習講座「長良川大学」に今月、「ぎふスーパーシニア学部」が新設された。市が「ぎふスーパーシニア」と名付ける「元気で意欲にあふれ、豊かな経験などを持つ高齢者」を目指す市民らに受講を呼び掛けている。受講者には、受講数に応じて独自の単位認証カードを贈る。
 長良川大学は1996年に開講し、22年目。市や大学などが主催する講座が千以上あり、昨年度は12万4398人が受講した。各講座の受講回数や費用、対象年齢は異なる。
 今回、従来の5課程のうち「高齢者課程」を再編し、新たに「ぎふスーパーシニア学部」を設けた。豊富な人生経験や知識の次世代への伝え方などを学ぶ「地域貢献課程」と、健康や趣味、自己研さんのための「生きがいづくり課程」の2課程がある。
 「地域貢献」は18講座。市教育委員会が実施する新設の「ぎふスーパーシニア教育学講座」もあり、高齢者が子どもたちへの接し方や教え方を学ぶ。同講座修了者はリスト化され、市教委がコミュニティ・スクールへ情報を提供する。56講座ある「生きがいづくり」には、「落語って面白い」や「健康体操」などの講座がある。
 同学部内の講座を一定数以上受講すると、単位認証として「ぎふSSカード」が授与される。生涯学習センター主催の1講座が無料受講できる特典が付いている。
 市男女共生・生きがい推進課は「講座を受けることで、地域で活躍するぎふスーパーシニアになってほしい」と呼び掛けている。問い合わせは同課、電話058(214)4792。

岐阜新聞社

最終更新:6/15(木) 7:57
岐阜新聞Web