ここから本文です

高校生留学支援に今年は約1,900人が応募

6/15(木) 10:01配信

ベネッセ 教育情報サイト

グローバル人材が求められる現在、大学生の海外留学は年々増加しています。
大学に入学する前、高校時代に海外留学を経験しておきたいと考えている高校生や、その保護者も少なくないでしょう。問題になるのが、留学費用です。文部科学省や日本学生支援機構が実施している留学支援制度の「トビタテ!留学JAPAN 日本代表プログラム」を検討してみてはいかがでしょうか。

留学支援で2015年度から高校生コース

政府は、グローバル化に対応した人材を育成するため、2020(平成32)年度までに現行の2倍に当たる大学生12万人(現状6万人)、高校生6万人(同3万人)を海外留学させる目標を掲げています。このために2014(平成26)年度から創設されたのが同プログラムで、民間企業などから寄付金を募り、学生や生徒の海外留学を援助するというものです。

2015(平成27)年度からは高校生コースも新設されました。中心となる「アカデミック分野」には、「テイクオフ」(2~3週間)、「ショート」(2週間~3か月)、「ロング」(4か月~1年間)の3コースがあります。

テイクオフコースは、海外の語学学校などで語学学習と留学先の人々との異文化交流を行うというもので、期間が短いのが特徴です。ショートコースは、海外の高校や大学の夏休みなどに実施する教育プログラムなどに参加するもので、やはり短期間で済むのがポイントです。ロングコースは、海外の高校に長期留学してさまざまな科目を学習するために1年以内の長期留学をすることになります。

ボランティアや職業体験なども対象に

高校生コースの留学支援は、海外の高校や大学に入るものばかりではありません。「プロフェッショナル分野」では、観光や調理などの海外の職業学校などでの学習、職業現場でのインターンシップ、実地研修などを行います。また「スポーツ・芸術分野」は、海外のトレーニングセンターや芸術学校などで現地の指導者から学び、技量の向上を目指します。この他、「国際ボランティア分野」は、NGOなどが主催するボランティア活動などへの参加を通じて、国際協力についての理解を深めます。

2017(平成29)年度の「高校生コース」の募集は、残念ながら既に締め切られてしまいましたが、募集定員500人に対して、全国の839校(国立44校、公立441校、私立354校)から計1,904人が応募しました。審査に合格して採用された高校生たちは、7月ごろから留学を開始する予定です。次の「高校生コース」の募集は、今年10月から来年2月ごろまで行われる予定です。

採用されれば、渡航費・授業料・現地生活費などの費用が、返済不要の奨学金の形で支給されます。支給額は留学先の地域や留学期間で異なりますが、たとえば「アカデミック分野」のテイクオフコースの場合、24万~36万円の給付型奨学金が支給されます。
海外留学を希望している高校生やその保護者は、次の募集への応募を検討してみてはどうでしょうか。

※平成29年度官民協働海外留学支援制度~トビタテ!留学JAPAN 日本代表プログラム【高校生コース】~応募状況及び支援企業・団体について
http://www.jasso.go.jp/about/information/press/1265473_3557.html

(筆者:斎藤剛史)

ベネッセ 教育情報サイト