ここから本文です

マカオ、偽iPhone路上販売の男2人逮捕…中国本土で仕入れ

6/15(木) 10:54配信

マカオ新聞

 マカオ税関(澳門海關)は6月14日、マカオ治安警察局の協力を得て偽のiPhoneをマカオ市街地の路上販売していた中国人男子2人を逮捕したと発表した。

 6月8日、市民から治安警察局に路上販売されていたiPhoneを2台購入したが、後で偽物だったことに気づいたと通報があり、税関に連絡が入った。この市民は価格交渉の末、1台あたり1000パタカ(日本円換算:約1万4000円)で購入したと説明したとのこと。

 これを受け、税関が調査を開始。私服の税関職員がマカオ半島旧市街地の義字街周辺を巡回中、男がスマートフォンを掲げて通行人に声がけしているのを発見し、身分を明かして所持品検査を行ったところ、2台の偽物とみられるiPhoneが見つかった。

 また、治安警察局が通報者の情報を元に行方を追っていた男についても、12日に中国本土との陸路の出入口となる關閘イミグレーションで身柄を拘束。偽物とみられるiPhone2台のほか、路上販売の売上金とみられる約1万人民元(約16万2300円)を所持していた。

 税関が権利元に確認したところ、市民が購入したもの、路上販売の男が所持していた合計6台のiPhoneがすべて偽物であることが確認された。

 税関の調べに対し、路上販売の男2人は偽物のiPhoneを中国本土で1台あたり700人民元(約1万1400円)で仕入れ、マカオで3000パタカ(約4万2000円)で販売していたとのこと。2人の男が親戚同士であることもわかった。税関は2人を工業著作権法違反などの罪で起訴する方針。

 税関では、市民に対して路上で声がけされても商品を買わないこと、偽物を販売している疑わしい人物を見つけた際には税関に通報するよう呼びかけている。

最終更新:6/15(木) 11:01
マカオ新聞