ここから本文です

広島・福山「巴里祭」名曲楽しんで 25日、シャンソンなど披露

6/15(木) 20:11配信

山陽新聞デジタル

 シャンソンの名曲やヒット曲を愛好者、プロ歌手が披露する「2017福山巴里祭(ぱりまつり)」(市民有志の実行委員会主催、山陽新聞社など後援)が25日、広島県福山市沖野上町の結婚式場・アルセで開かれる。実行委は「なじみのある曲も多いので幅広い参加を」と呼び掛けている。

 福山、府中、倉敷市などの愛好者でつくる「備後シャンソンを楽しむ会」メンバーやプロら県内外の計41人が47曲を歌い上げる。

 メンバーは「愛の讃歌」「小雨降る径(みち)」などシャンソンの名曲のほか、五輪真弓さんの「恋人よ」、高橋真梨子さんの「for you…」などを披露。ゲストとして尾道北高出身の歌手・藤本統紀子さん(作家の故藤本義一氏の夫人)らが出演する。

 会場近くのフロアには恒例の「お祭り広場」を設け、ワインやスイーツ、弁当などを販売する。

 福山巴里祭は11年から毎年開き7回目。同楽しむ会の代表で実行委員長の岡崎雅亮さん(73)=福山市=は「皆さんの人生経験の深さが歌に表れている。衣装にもこだわりがあり注目してほしい」と話している。

 お祭り広場は午前11時から開設し、コンサートは午後1時から開演。入場料3千円。問い合わせは同楽しむ会事務局(084―987―1818)。