ここから本文です

波乱 フェデラー芝初戦で敗退、マッチポイント握るも逆転負け<男子テニス>

6/15(木) 4:04配信

tennis365.net

メルセデス・カップ

男子テニスツアーのメルセデス・カップ(ドイツ/シュツットガルト、芝、ATP250)は14日、シングルス2回戦が行われ、第1シードのR・フェデラー(スイス)はT・ハース(ドイツ)に6-2, 6-7 (8-10), 4-6の逆転で敗れ、初戦敗退の波乱に見舞われた。

【錦織 世界9位、トップ10変動】

今大会の上位4シードは1回戦免除のため、この日が初戦だったフェデラーは23本のサービスエースを叩き込み、1本のマッチポイントを握った。しかし、ファイナルセットでは7本のブレークチャンスを握るも活かせず、元世界ランク2位のハースに1ブレークを許して1時間54分で敗退した。

今シーズンのフェデラーは好調で、全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、 グランドスラム)で優勝すると、四大大会に次ぐグレードの「ATPマスターズ1000」2大会連続でタイトルを獲得。その後は芝シーズンへ向けた調整と休養のためクレー全大会を欠場し、この日は約3カ月ぶりの実戦だった。

ハースに敗れたことで、フェデラーは今季の戦績を19勝2敗とした。今後はゲリー・ウェバー・オープン(ドイツ/ハレ、芝、ATP500)に出場し、ウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)で8度目の優勝を狙う。

一方、フェデラーを破る金星をあげたハースは、準々決勝で第6シードのM・ズベレフ(ドイツ)と対戦する。

39歳のハースは今年限りで引退を表明しており、怪我の影響で現在の世界ランキングは302位まで落としている。これまではツアー15大会で優勝しており、この日でフェデラーとの対戦成績を4勝13敗とした。

tennis365.net

最終更新:6/15(木) 6:56
tennis365.net