ここから本文です

沖縄は土砂災害に注意 北日本では午後は雨や雷雨

6/15(木) 5:30配信

ウェザーマップ

 きょう15日(木)は、沖縄と北日本で、雨や雷雨となる所がありそうだ。連日、雨が続いている沖縄では、朝まで土砂災害に注意が必要となる。

 沖縄付近には、梅雨前線が停滞し、活動はやや不活発になるものの、きょうも雨や雷雨となる所がありそうだ。
 沖縄本島地方では、これまでの大雨により、地盤が緩んでいるおそれがあるため、特に本島中南部・本島北部で、朝まで土砂災害に注意が必要となる。

 また、日本海を、上空に寒気を伴う低気圧が進んでおり、こんやにかけて北日本に近づく予想だ。
 そのため、北日本では朝から雲が厚く、午後は、東北北部や北海道では雨が降り、雷や突風が発生するおそれがある。
 関東の北部山沿いでも、午後はにわか雨や雷雨の可能性があるため、空模様の変化に注意が必要だ。

西日本から東日本では広く晴れて夏の暑さに

 西日本から東日本にかけては広く晴れて気温が上がり、30℃以上の真夏日となる所もある見込み。水分や塩分の補給、休憩をこまめにとるなど、熱中症対策が必要となりそうだ。

予想最高気温(前日差)
・東京  27℃(+2℃)
・名古屋 30℃(+1℃)
・大阪  30℃(+3℃)
・福岡  29℃(+2℃)

(気象予報士・宮崎由衣子)

最終更新:6/15(木) 5:30
ウェザーマップ