ここから本文です

水分に向かい曲がる根の仕組み 「皮層」からホルモン遺伝子の動き活発に 東北大グループが解明

6/15(木) 7:03配信

日本農業新聞

 東北大学大学院の研究グループは、世界で初めて植物の根が水分の多い方向に曲がる仕組みを突き止めた。根の表皮の内側にある「皮層」という部分が、水分を感じると植物ホルモンを分泌し、水分の多い方向に根を曲げる。少ない水で作物を栽培する応用技術につながるという。

 根が重力を感じて下に曲がる仕組みは分かっていた。ただ、根が水分に向かって曲がることは観察で分かるが、仕組みが不明だった。研究グループは、シロイヌナズナで根が水分の多い方向に曲がる際に働く物質や遺伝子、部位を調べた。根が水分を感じると、皮層で植物ホルモンのアブシジン酸が分泌され、「MIZ1」という遺伝子の働きが活発になり、根が水分の多い方に曲がることが分かった。

 根は重力を感じて、植物ホルモンのオーキシンが表皮で働き根が下に向かって曲がることは分かっている。水分に向かって曲がる仕組みが、物質も部位も違うことも分かった。同大学院生命科学研究科の高橋秀幸教授は「植物ホルモンを散布したり、光で植物ホルモンを誘導させたりするなどで根の伸び方を調節し、農業の節水に応用できそうだ」と説明する。

日本農業新聞

最終更新:6/15(木) 7:03
日本農業新聞