ここから本文です

元NHKアナウンサー「相撲は“抑えの美しさ“。勝ってガッツポーズなんてとんでもない」

6/15(木) 6:40配信

ニッポン放送「しゃベル」

6月14日(水)のニッポン放送「高嶋ひでたけのあさラジ!」に、「相撲実況」の第一人者、元NHKアナウンサー・杉山邦博が登場。「レジェンドアナウンサー連日登場!いろんなことがありました!」と題してアナウンサー歴半世紀以上のレジェンドたちに、今だから語れる数々のエピソード・秘話を訊いていく企画の3日目だ。

――――――――――
■杉山邦博(1930年生まれ 86歳)■

〇元NHKアナウンサー、相撲ジャーナリスト。1953年にNHKに入局、大相撲中継を担当。

〇貴ノ花(初代)が幕内初優勝を遂げた1975年春場所千秋楽の優勝決定戦や、貴ノ花が引退した1981年初場所7日目の貴ノ花不戦敗の実況放送で、思わず絶句。「泣きの杉山、泣かせの杉山」と呼ばれ、誠実な実況ぶりが国民の涙を誘った。とくに、「今日、貴ノ花関が引退です…」と声を詰まらせたシーンは語り草。

〇東京五輪、メキシコ五輪の実況も担当。メキシコ五輪では、モンゴルのジグジドゥ・ムンフバトがレスリング重量級で銀メダルを獲得した様子を実況。彼は第69代横綱の白鵬の父親である。

〇“相撲の杉山”のイメージが強いが、福岡赴任時には西鉄の試合を数多く担当。金田正一の剛速球、杉下茂のフォーク、稲尾和久の剛球を伝えてきた。

・・・まさに実況界のレジェンドである。
――――――――――

高嶋)時代と感動と驚きを伝えてきたレジェンドアナウンサーが連日登場!3日目は、大相撲の名実況でつとに有名、元NHKアナウンサーで相撲ジャーナリストの、杉山邦博さんです。

高嶋)お会いできるのを楽しみにしておりました。おはようございます!

杉山)おはようございます。

高嶋)私は相撲が大好きで、杉山さんの人生を歩みたかったんです(笑)。大相撲の実況は、いつから担当されたんですか。

杉山)1953年、昭和28年にNHKに入局したのですが、最初の赴任地が名古屋でしてね。いきなり“準本場所”の名古屋場所を15日間務めることになったんです。

高嶋)その頃の相撲で言いますとね。少し時代が下りますが、横綱・吉葉山の「雪の優勝パレード」がございましたでしょ(※昭和29年初場所)。私、まだ小学生でしたけど、もう寝ても覚めても吉葉山でして、毎日、ラジオにかぶりついてたんですよ。

杉山)そんなに少年時代から相撲に憧れておられたんですか。

高嶋)学校の先生が、「高嶋は相撲取りの四股名に出てくる難しい漢字だけはよく書ける」と褒めてくれたくらいで(笑)。まぁ私の話はさておき、杉山先輩の長い長い相撲実況生活の中で、いちばん印象に残った力士といえば、誰になりましょうか。

杉山)初代若乃花です。若乃花は晩年は豪快な呼び戻しで“土俵の鬼”と呼ばれるんですけど、若い頃は結構、下の者に負けてたんですよ。ところが上の者、横綱にも勝つんです。これが何より魅力的でしたね。

高嶋)あの一族の血筋というのは凄いものがありますね。

杉山)若貴のお父さん、貴ノ花が昭和40年に入門を志願したとき、お兄さん(※初代若乃花)が猛反対したというのは有名な話ですがね。体型的にいうと、あの一族は、ぜんぜん太れない体質なんです。

高嶋)息子の貴乃花関は大きくなりましたが。

杉山)無理して太ったんですよ。ですから、相撲をお辞めになったあと、別人のように痩せちゃった。お兄ちゃん(※二代目若乃花)も頑張ったけど、120キロがせいぜいで。ですから、花田一族は、強いけど太れないんです。

高嶋)なるほど…。変なこと訊きますけど、そもそも杉山さんは、相撲アナになりたかったんですか。それとも、たまたまなっちゃったんですか。

杉山)私は小倉生まれの小倉育ち、田舎者です。東京から流れてきたラジオの相撲中継に魅せられたのが、1937年、小学校1年の時。双葉山の全盛期ですよ。まだ見ぬ双葉山、玉錦の雄姿、両国国技館の光景…。これらを語ってくれるアナウンサーという職業は素敵だなぁ、と思いましてね。
『玉錦のべんべんたる太鼓腹が波打っております!』なんて聴いてもね、小学生の私には「べんべんたる太鼓腹」なるものが、具体的にどういうものなのか、よくは分からないんだけれども(笑)、なんとなく伝わるものがあるじゃないですか。

高嶋)非常によく分かります。そこまでは私の小学生時代とまったく一緒で(笑)。いまの大相撲を観て感じることとはなんでしょう。

杉山)相撲を伝承文化として、どうやって次の時代に受け継いでいってくれてるかというところをしっかり見ています。つまり、大事なのは、“抑制の美“”抑えの美しさ”。勝ってガッツポーズなんて、とんでもないと。

高嶋)というと、そのへんが最近はズレてきていると…。

杉山)そうですね。その点、白鵬、稀勢の里、高安なんかは立派です。
白鵬が63連勝、双葉山の69連勝という大記録に迫らんとしていた、6年前の九州場所二日目。当時、平幕の稀勢の里が、無敵の白鵬に勝ったんです。ところがこの時、稀勢の里は、ガッツポーズのガの字も見せませんでした。握りこぶしさえつくらなかった… これは立派ですよ。このときは白鵬のほうも、悔しさを隠し、淡々と土俵を下りました。これぞ、大相撲の神髄ですよ。