ここから本文です

瑞風デビューの17日、福知山駅で歓迎イベント

6/15(木) 14:54配信

両丹日日新聞

 山陰や山陽地方を走るJR西日本の豪華寝台列車「トワイライトエクスプレス瑞風」が、17日から運行を始める。これに合わせて沿線各地で歓迎イベントが計画されており、京都府福知山市の福知山駅ホームでは400年以上の歴史がある福知山踊りを披露するなど観光PRに努める。

 瑞風は、深緑色にゴールドのラインが入った10両編成の豪華列車。17日は、大阪・京都を出発して下関に向かう「山陰下りコース」の列車が午後0時50分から2分間、乗務員交代のため福知山駅に停車する予定。ドアは開かず乗降はできない。

 この間を使って歓迎イベントがあり、福知山踊振興会の会員たちが踊りを披露するほか、市イメージキャラクターのドッコちゃん、福知山観光協会のイメージキャラクターの光秀くんとひろこさん、JR西日本福知山支社の社員と市職員約30人が小旗を振って出迎え、見送りをする。「歓迎瑞風 お城とドッコイセのまち福知山」と記した横断幕もホームに掲げる。

 一般の人も見学できるが、入場券140円(こどもは半額)がいる。大幅なダイヤの乱れなどがあった場合は中止になることもある。

朝来市の和田山駅でも

 また兵庫県朝来市の和田山駅でも、地元が歓迎イベントを計画している。午後1時30分ごろに2番ホームを、速度を落として通過する予定のため、ひまわり保育園の3、4歳児15人ほどと市職員らが機関庫前に並び、小旗を振って出迎える。

両丹日日新聞社

最終更新:6/15(木) 15:00
両丹日日新聞

Yahoo!ニュースからのお知らせ