ここから本文です

ジャパンOP女子U-21シングルス 12歳・木原 最年少優勝ならず

6/15(木) 19:47配信

テレビ東京スポーツ

15日、ITTFワールドツアージャパンオープン<東京体育館>大会2日目。女子U-21シングルス決勝で12歳の木原美悠(JOCエリートアカデミー)は梅村優香(四天王寺高校)に1-3で敗れ、昨年の大会で張本智和(JOCエリートアカデミー)がつくった最年少優勝の記録更新とはならなかった。

平野美宇 中国若手を警戒「ランキングは低いのに実力が高い選手ばかり」

 今年3月に小学校を卒業したばかりの12歳の木原は1回戦で全日本ジュニア女王の笹尾明日香(横浜隼人高校)を撃破し、準々決勝で安藤みなみ(専修大)、準決勝では世界ランク103位の香港選手を下す快進撃で決勝に進出したが、決勝で高校生の梅村にゲームカウント1-3で敗れてしまい準優勝となった。

テレビ東京