ここから本文です

勝ち取るのが難しいのは、「先輩」からの信頼? 「後輩」からの信頼?

6/15(木) 12:30配信

TOKYO FM+

本部長・マンボウやしろと秘書・浜崎美保が、リスナーのみなさんと「社会人の働き方・生き方」を一緒に考えていくTOKYO FMの番組「Skyrocket Company」。6月14日の「社会人意識調査」のテーマは「勝ち取るのが難しいのは、『先輩』からの信頼? 『後輩』からの信頼?」。はたして、その結果は……?

Q.勝ち取るのが難しいのは、先輩からの信頼? 後輩からの信頼?

先輩からの信頼 37.5%
後輩からの信頼 62.5%
(回答数:523票)

◆「先輩からの信頼」派の意見
「先輩から信頼されるほうが難しいような気がします。ドラマ『半沢直樹』とかのような派閥のあるようなところだと、仕事ができる以外に忠誠心も必要になる気がします。数年前に、先輩と飲みに行った際、先輩が本音の意見を話してくれたので、私も本音で話さないと失礼だ!と思い、違う意見を話したら……まぁ、距離を置かれましたね」
(東京都 25歳 女性 インテリア設計)

「先輩から信頼を得ることのほうが難しいかと思います。先輩、特に偉い人や年齢が離れている人ほど何を考えてるかわからないし、言ってることもコロコロ変わる。そういう人の要求に応えていけば信頼を得られるんでしょうが、それは無茶ですよってことがよくあります……」
(茨城県 27歳 男性 会社員)

「先輩からの信頼を得るほうが難しいかなと思います。てか、面倒臭い! 仕事ができすぎてもダメ。できなさすぎてもダメ。先輩の面子を潰さないようにお伺いを立て、空気が読める後輩を演じなきゃいけないからです(笑)」
「神奈川県 36歳 女性 自営業」

◆「後輩からの信頼」派の意見
「実感としては、後輩からの信頼を得るほうが難しいと思います。まず仕事ができないと後輩からの信頼は得られません。加えて、普段の振る舞い。直接その後輩と接するときだけではなく、ほかの人たちとの接し方やプライベートも含めて、どう見られているのかを考えた行動をしないと、ちょっとしたことで崩れやすいのが後輩からの信頼だと思います。後輩に対して先輩はフォローする立場なので、直すべきところがあれば注意することができますが、後輩から先輩にそういう発信があることは稀です。直すタイミングがないまま、いつの間にかなくなるのが、後輩の信頼だと考えています」
(東京都 24歳 男性 大学院生)

「後輩に慕われるのって難しいと思います~。後輩から信頼されている同期に憧れて、私も後輩から慕われるように振る舞ったことがあります。しかし、普段、後輩に良い顔をしてても、自分がせっぱつまってるときには、本性が出てしまい冷たくあしらってしまいました。あと、後輩が悩んでるときに、自然に食事に誘ったりするのも難しいんですよね~。結局、後輩に信頼され相談される役目は、私にはできませんでした。自分中心に仕事をして、先輩に良い顔しているほうが楽に感じます」
(茨城県 25歳 女性 パート)

「後輩からの信頼のほうが難しいと思います。見てますよ。後輩は、先輩の背中を」
(茨城県 27歳 女性 自営業)

番組リスナーの投票による結果は「先輩からの信頼」が37.5%、「後輩からの信頼」が62.5%と、勝ち取るのが難しいのは後輩からの信頼と考える人が6割を超え多数派となりました。誰でも最初は後輩の立場でさまざまな先輩を見ており、先輩へ対するうまい立ち回り方を熟知しているからこそ、こういった数字になったのかもしれません。

【「先輩からの信頼」が4割を超えたのは意外にも……】
男女別では、「先輩からの信頼」と答えた人の割合が男性では38%、女性では36.8%と、割合は男女間であまり差は見られませんでした。また、世代別で見てみると、「先輩からの信頼」と答えた人の割合はおおむね全体の割合とほぼ変わりませんでしたが、50代では41.3%、60代以上に至っては実に71.4%と、高齢層は先輩からの信頼を得るほうが難しいと考えているようです。

(TOKYO FM「Skyrocket Company」2017年6月14日放送より)

最終更新:6/15(木) 12:30
TOKYO FM+