ここから本文です

【MLB】イチロー5戦連続安打でジーター氏抜く 米メディア「交流戦のヒットキングに」

6/15(木) 7:25配信

Full-Count

代打で投前内野安打、交流戦歴代単独1位の通算365安打に

 マーリンズのイチロー外野手は14日(日本時間15日)、本拠地でのアスレチックス戦に代打で出場し、投前内野安打を放った。今季初の5試合連続安打でメジャー通算3048安打とし、歴代24位ロッド・カルー(3053本)まで残り5本。また、インターリーグ(交流戦)で通算365安打とし、デレク・ジータ―氏を抜いて交流戦歴代単独1位に浮上した。

イチローは歴代単独25位…MLB歴代通算安打数ランキング

 イチローは3点リードの5回1死一、二塁の場面で右腕ベアクロウの代打で登場。1ボール2ストライクから右腕アクスフォードのカーブを打つと、三塁方向への弱いゴロに。イチローは俊足を飛ばして一塁を駆け抜け、処理したアクスフォードは一塁へ投げることができなかった。

 投前内野安打でインターリーグ(交流戦)で通算365安打とし、前日に並んでいたジーター氏を抜いて歴代単独1位に浮上。マーリンズの公式ツイッターは「イチローがインターリーグ365安打として、歴代トップに浮上した」と速報した。米CBSスポーツも「イチローが内野安打で交流戦のヒットキングになった」と伝えた。

 満塁としたマーリンズは続くゴードンの犠飛でこの回2得点目。6、7回にも1点ずつを追加し、11-6で勝利した。イチローは守備にはつかず交代した。

 前日に打率2割台(.207)に乗せていたイチローは、これで打率.217に。カルー(3053本)までも、いよいよ残り5本に迫った。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:6/15(木) 7:31
Full-Count

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合6/26(月) 11:30