ここから本文です

第5シードのジョンソンは2時間半の激闘に敗れる<男子テニス>

6/15(木) 15:00配信

tennis365.net

メルセデス・カップ

男子テニスツアーのメルセデス・カップ(ドイツ/シュツットガルト、芝、ATP250)は14日、シングルス2回戦が行われ、第5シードのS・ジョンソン(アメリカ)は世界ランク52位のP・コールシュライバー(ドイツ)に6-7 (3-7), 7-5, 6-7 (6-8)のフルセットで敗れ、ベスト8進出とはならなかった。

【フェデラー撃破は信じられない】

この日、ジョンソンは15本のサービスエースを決めるも10本のダブルフォルトを犯した。最後はジョンソンのフォアハンドがアウトし、2時間36分で力尽きた。

勝利したコールシュライバーは、準々決勝で第4シードのL・プイユ(フランス)と対戦する。プイユは初戦の2回戦で世界ランキング53位のJ・シュトルフ(ドイツ)を逆転で破っての勝ち上がり。

その他では第6シードのM・ズベレフ(ドイツ)が8強へ駒を進めたが、第1シードのR・フェデラー(スイス)は初戦で姿を消した。

tennis365.net

最終更新:6/15(木) 15:00
tennis365.net