ここから本文です

「シーマ」が先進安全装備を標準搭載化しマイナーチェンジ 日産

6/15(木) 15:44配信

乗りものニュース

「シーマ」、安全装備を標準搭載化

 日産は2017年6月15日(木)、「シーマ」をマイナーチェンジし、同日から発売を開始しました。各種先進安全装備を標準搭載とし、「全方位の運転支援システムによる、より高い安全性を実現」(日産)したといいます。

この記事の画像をもっと見る(21枚)

●「シーマ」マイナーチェンジのポイント
・「インテリジェント エマージェンシーブレーキ」「インテリジェント FCW(前方衝突予測警報)」「インテリジェント BSI(後側方衝突防止支援システム)/BSW(後側方車両検知警報)」「インテリジェント アラウンドビューモニター(移動物 検知機能付)」「インテリジェント BUI(後退時衝突防止支援システム)」を全グレードで標準装備化。
・エンジンはVQ35HR型(V6 3.5L DOHC)とHM34型モーターの組み合わせによるハイブリッド。2WDで、マニュアルモード付電子制御7速ハイブリッドトランスミッションを搭載。
・価格は794万6640円(税込)から。

 日産は「シーマ」について、「歴代『シーマ』のDNAである『圧倒的な走行性能』と、高い動力性能、安全性、快適性、環境性能などが、お客様より高い評価を得ています」としています。

乗りものニュース編集部