ここから本文です

東京ディズニーランドで七夕イベントがスタート!新コスチュームもお披露目!

6/15(木) 23:00配信

ニッポン放送「しゃベル」

6月15日から、東京ディズニーランドで七夕の期間限定イベントがスタート。パークのデコレーションも七夕仕様になり、今年はミッキーとミニーの衣装が新しくなった。

東京ディズニーリゾートでは、2017年6月15日(木)から7月7日(金) までの期間中、スペシャルプログラム「ディズニー七夕デイズ」が開催。東京ディズニーランドの、パレードルートでは『七夕グリーティング』があり、ディズニーの仲間たちが七夕をイメージしたコスチュームで登場。

七夕でおなじみの曲が流れはじめると、ミッキーとミニーが人力車に乗り、彦星と織姫をイメージした新しいデザインのコスチュームで登場。七夕にふさわしい和の雰囲気で、オーロラ色の衣装を着て、頭には星の髪飾りが印象的。パレードルートの左右に集まったたくさんゲストへ、あちらこちらに手を振ってくれるので、カメラ目線の写真を撮れるかもしれない。

チップやデール、プルート、グーフィー、クラリス、マックスも、笹の葉を手に、七夕衣装で登場。チップとデールは黄色いチョッキのような和風の衣装で、もちろんお揃いだった。

そして、フロートにはドナルドとデイジー。仲良く、色違いでお揃いのコスチュームを着て登場すると、たくさんのゲストが手を振って歓迎していた。

パレードを締めくくるのは、ディズニープリンセスたち。エマ・ワトソン主演で実写化した大ヒット中の映画『美女と野獣』から、ベルと王子をはじめ、ラプンツェルとフリン・ライダー、白雪姫とプリンス、シンデレラとプリンス・チャーミングと、豪華なディズニーカップルが七夕のイベントを素敵なダンスでお祝いしていた。

パーク入り口のワールドバザール中央には、吹き流しや笹が飾られた『ウィッシングプレイス』が今年も登場。浴衣姿のキャストが無料で配布している“ウィッシングカード”(ミッキーマウスの形をした短冊)に、小さな子や大人も夢や願い事を書いて結びつけていた。今年は新たに光の演出も加わるので、昼と夜では違った雰囲気を味わえる。光の演出は18時30分頃から始まり、10分毎に行われる。短冊が飾られた笹がライトアップされたり、「星に願いを」の音楽が流れ、七夕ムードに包まれる。

初夏だけに味わえるスペシャルプログラム「ディズニー七夕デイズ」は7月7日(金)までの開催。織姫と彦星のように大切なひとと一緒に、ディズニーならではの七夕を楽しんでみては。

ニッポン放送