ここから本文です

台湾記者やブロガーが青森県南を取材 食や自然の魅力紹介

6/15(木) 10:32配信

デーリー東北新聞社

 台湾の新聞社、テレビ、雑誌社の記者や人気ブロガーら11人が13~15日の日程で八戸市など青森県南地方を訪れ、観光資源について取材を進めている。体感した食や自然の魅力は、台湾内の各媒体を通じて発信される予定だ。

 日本各地の地酒の販売事業などを手掛けている台湾の「緑芽酒蔵」が主催した。3日間で、八戸屋台村みろく横丁や種差海岸、十和田湖などを巡る。

 一行は14日、緑芽酒蔵と2年前から取引している八戸酒類(同市八日町)を訪れ、酒蔵を見学。杜氏(とうじ)の加藤貴大さんの案内で、酒造りの工程や歴史を学んだほか、試飲を楽しんだ。

 ブロガーの張祐豪さん(30)は「地酒や海産物の新鮮さなどが魅力的だった。感じたことをリアルタイムで伝えたい」と話した。

 緑芽酒蔵の担当者は「青森県はリンゴの産地として知られているが、それ以外の観光資源に目を向け、日本酒と組み合わせる形で紹介したい」と強調した。

デーリー東北新聞社

Yahoo!ニュースからのお知らせ