ここから本文です

ディ・グラッシ、足首の怪我のせいで念願のル・マン24時間レースを欠場

6/15(木) 18:45配信

motorsport.com 日本版

 ル・マン24時間レースにAFコルセから参戦する予定だったルーカス・ディ・グラッシは、医師の診断により参戦を断念することが決まった。

写真:昨年のWECバーレーンで優勝を飾ったWECアウディのディ・グラッシ。アウディのWEC参戦撤退を惜しんでいた

 昨年WECアウディからWECに参戦していたディ・グラッシは、かねてより参戦を熱望していた今年のル・マン24時間レースに、51号車AFコルセの一員として参戦する予定だった。

 しかし先週の火曜日、ディ・グラッシはチャリティの一環であるサッカーのイベントに参加した際に、足首を負傷してしまっていた。

 先週末に行われたフォーミュラEベルリンePrixには参戦しており、「ル・マン参戦も影響はないだろう」と話していたが、ル・マン24時間レースの前に医療センターに罹ったところ、X線検査で異常が発見されてドクターストップを受けた。

 フォーミュラEベルリンePrixで、ディ・グラッシは次のように語っている。

「まだ痛みがあるんだ。でも参戦できるよう調整している。フォーミュラEに参戦したところ、そこまで悪くなかったからル・マンもいけると思う。でも当日にならないと本当のところはわからない」

 これにより、ディ・グラッシの代わりとして、ミケーレ・ルゴロが51号車を担当することとなる。

Sam Smith