ここから本文です

【MLB】青木宣親が代打で2戦連続安打、打率.279まで上昇 アストロズ連敗ストップ

6/15(木) 13:42配信

Full-Count

日米通算2004本目のヒットに

 アストロズの青木宣親外野手は14日(日本時間15日)、本拠地でのレンジャーズ戦に代打で出場し、レフト前ヒットを放った。2試合連続ヒットで、日米通算2004安打(NPB1284本、MLB720本)に。アストロズは13-2で勝利した。

日本人最高は…衝撃の総額年俸、これまでのMLB大型契約ランキング

 青木が4試合ぶりにベンチスタートとなった一戦。アストロズは2点リードの5回に一挙9得点を挙げるビッグイニングを作った。

 青木は11点リードの8回2死一、二塁の場面でスプリンガーの代打で登場。2ストライクから右腕ジーのカットボールをレフト前に運んだ。二塁走者のゴンザレスが本塁を狙うも、スライディングせずにそのまま駆け抜け、捕手のタッチが早かったとしてアウトに。タイムリーとはならなかった。

 青木は11日(同12日)のエンゼルス戦で日本人7人目の日米通算2000安打を達成。その試合では3安打を放ち、通算2001安打としてた。12日(同13日)はヒットがなかったものの、13日(同14日)は2安打をマーク。そして、この日は代打で2試合連続安打とし、打率.279と数字を上げてきた。

 アストロズは大勝で連敗を「3」でストップ。ア・リーグ西地区首位を独走している。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:6/15(木) 13:42
Full-Count

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合10/19(木) 12:00