ここから本文です

野呂佳代を見た子どもたち、その印象は「ヤンキー」「当たり屋」「悪魔」

6/15(木) 17:00配信

AbemaTIMES

 おぎやはぎの小木博明と矢作兼がMCを務めるトークバラエティ『おぎやはぎの「ブス」テレビ』が放送され、元SDN48の野呂佳代はブスなのか、正直すぎる小学生たちがジャッジした。

 当番組に何度も出演し、その度に“ブス”としておぎやはぎの2人から散々な扱いを受けてきた野呂。小学生の前に出された野呂の写真は明らかに目つきが悪く、野呂が「なんでこの写真なの!」と反発する展開に。

 案の定、小学生たちは「ヤンキーっぽい」「性格悪そう」「悪魔」「当たり屋みたい」と言いたい放題。野呂は「(汚い言葉を知っているなんて)子供たち何見て育ってきているのかな」と大人の余裕をチラつかせたが、中には「ブスではない」「美人とは言える」という意見もあり、「美人って言ってくれた子にはお礼状を書きたい」「髪の色とかヤンキーっぽく見えちゃったのかな」と一部納得した様子だった。

 矢作は野呂に「出身はどこなの」と質問。野呂が「板橋の西台です」と答えると、「そりゃーだめだね」「板橋か~」と失礼な発言を連発。野呂は「福祉系のボランティアだってやっていたし」とヤンキー疑惑を否定した。

 コメントを求められた“美人枠”のゲスト・重盛さと美は「小学生って、1枚の写真から中身のブスさまで読み取れてすごいですね」と言い放ち、怒りに燃えた野呂が重盛に宣戦布告。

 “美人枠”“ブス枠”の座席を交換して重盛がブスに見えるか検証を要求したが、重盛は相変わらず愛らしい雰囲気を保ち、矢作から「重盛さんは透明感がある」と絶賛。野呂は「透明感は自信がないかな……」と言葉を詰まらせていた。

(AbemaTV/『おぎやはぎの「ブス」テレビ』より)

最終更新:6/15(木) 17:00
AbemaTIMES