ここから本文です

ホークス森、G陽岱鋼に頭部死球&危険球で退場 両軍一触即発ムードに

6/15(木) 20:54配信

Full-Count

ホームベース付近でにらみ合い

 15日の巨人対ソフトバンク戦(東京D)で、一触即発のムードになった。6回の巨人の攻撃だった。 

 この回の先頭、陽岱鋼の打席だった。マウンド上にはソフトバンク4番手の森。2ボール2ストライクからの6球目。森が投じた真っすぐはすっぽ抜け、陽岱鋼の頭部に直撃した。 

 避けようとして転倒した陽岱鋼はすぐさま立ち上がり、森に対して鬼の形相。両軍ベンチから選手が飛び出し、ホームベース付近で両軍がにらみ合った。森は危険球で退場となり、主審の森は警告試合を宣告した。また、陽岱鋼には代走重信が送られた。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:6/15(木) 20:56
Full-Count

スポーツナビ 野球情報

Yahoo!ニュースからのお知らせ