ここから本文です

「ひと月遅れるごとに数十億円の損失」

6/15(木) 7:36配信

ホウドウキョク

最低1年前の発表を要望。
全国カレンダー出版協同組合連合会は、東京都内で会見し、天皇陛下の退位にともなう新たな元号や、天皇誕生日の扱いなどについて、「最低1年前に教えてもらわないと、対応できない」などとして、早期の発表を求めた。
2019年のカレンダーを製造するためには、2017年12月には印刷を始めなければ間に合わず、連合会は「ひと月遅れるごとに数十億円の損失」が出ると試算している。
「昭和」から「平成」に改元された年は、2カ月以上製造が遅れるなど、大混乱になったという。

最終更新:6/15(木) 7:36
ホウドウキョク

Yahoo!ニュースからのお知らせ