ここから本文です

容疑者「トランプ大統領を破壊する」

6/15(木) 15:05配信

ホウドウキョク

アメリカの首都ワシントン近郊で男が銃を乱射し、共和党の幹部が重体となっている事件で、容疑者の男が、インターネット上に「トランプ大統領を破壊する」などと、過激な書き込みをしていたことがわかった。
この事件は、ワシントン近郊のバージニア州アレクサンドリアで14日、野球の親善試合の練習をしていた共和党下院ナンバー3のスティーブ・スカリス議員など4人が銃で撃たれ、発砲したイリノイ州のジェームズ・ホジキンソン容疑者(66)が、警察官に射殺されたもの。
ホジキンソン容疑者は、2016年の大統領選で、民主党のサンダース氏のボランティアをしていたが、その後の調べで、トランプ大統領について、ネット上に「民主主義を破壊した。トランプを破壊するときだ」などと書き込みをしていたことがわかり、警察は動機を調べている。
この日、71歳の誕生日を迎えたトランプ大統領は、重体となっているスカリス議員の見舞いに訪れ、「大変厳しい容体だが、彼は真のファイターだ」とツイートした。

最終更新:6/15(木) 15:05
ホウドウキョク