ここから本文です

床板はがれバレー選手大けが

6/15(木) 22:53配信

ホウドウキョク

ナショナルトレーニングセンターの床板がはがれ、バレーボールの男子選手(19)が大けがをした。
JSC(日本スポーツ振興センター)によると、東京・北区のナショナルトレーニングセンターで10日、バレーボール男子ジュニアの強化合宿中に、はがれた床板が、選手の右太ももに突き刺さった。
レシーブするため滑り込んだ際、木製の床が、長さ26cm、幅およそ2cmにわたってはがれ、男子選手は、30針を縫う全治1カ月の大けがを負ったという。
JSCは、施設の安全管理を徹底し、再発防止に努めるとしている。
このコートは、練習前に、清掃員や選手がモップがけなどを行ったが、異常はなかったという。

最終更新:6/15(木) 22:53
ホウドウキョク