ここから本文です

5年ぶりにリニューアル 「きよかわの惠水」

6/15(木) 9:03配信

カナロコ by 神奈川新聞

 清川村が販売しているペットボトル入りの飲料水「きよかわの惠水(めぐみ)」が5年ぶりにリニューアルされ、15日より新たな商品が登場する。

 村によると、同村宮ケ瀬で採水した飲料水(水道水)を使用し、村のPRを目的に2012年度に販売をスタート。

 今回のリニューアルで、ペットボトルを覆うラベルを大きくし、賞味期限を2年間から5年間に延長した。今年1月に採用した地域おこし協力隊の實方悠一郎さんがデザインを担当した。「天然水に近い味」が特徴で、賞味期限の延長により災害時備蓄用の利用も期待しているという。

 500ミリリットル入りで100円(税込み)。販売場所は村交流促進センター「道の駅」(同村煤ケ谷)、村ふれあいセンター「別所の湯」(同)。