ここから本文です

中島健人×平祐奈×知念侑李、『未成年だけどコドモじゃない』映画化決定!

6/15(木) 18:10配信

クランクイン!

 『今日、恋をはじめます』などを手掛けた水波風南の『未成年だけどコドモじゃない』(Sho‐Comiフラワーコミックス刊)が、中島健人、平祐奈、知念侑李らを主要キャストに迎え実写映画化されることが決定した。

【関連】「平祐奈」フォトギャラリー


 本作は、結婚から始まり、その後恋愛をスタートさせるというこれまでの少女漫画とは一線を画すストーリーであり、「Sho‐Comi」創刊50周年記念企画第1弾となる。何不自由なく育てられたお嬢様・折山香琳は、16歳の誕生日に、両親から香琳の初恋の相手で学校イチのモテ男・鶴木尚との結婚をプレゼントされた。香琳は幸せを信じて疑わなかったが、尚の口から出たのは「お前みたいな女、大っ嫌いなんだよな」という言葉。これは尚にとって、折山家の経済力を目的とした“愛のない”結婚、さらに結婚は学校では秘密。しかし香琳は、尚への一途な想いと持ち前の天真爛漫な性格で、慣れない家事や勉強にも果敢に挑戦していく。そんなある日、絶対秘密の結婚が香琳の幼馴染で同じ高校に通う超お金持ち・海老名五十鈴に知られてしまう。五十鈴は香琳に想いを寄せており、海老名家の権力を使い尚に離婚するように迫る…。

 中島は、文武両道で学校イチのモテ男であり、香琳と結婚する謎多き男・鶴木尚役を演じる。平は、天真爛漫なお嬢様・折山香琳を演じ、本作ではウェディングドレス姿を初披露する。そして知念は、ヒロインに想いを寄せる超お金持ちの海老名五十鈴役だ。

 主演の中島は「『恋ってすごいな』と原作を読んで思いました。好きな人がいればこんなにも成長できるし、人として強くなれるんだと感じました」と本作への印象を語る。また、初共演の平について、「香琳のイメージにとても合っているなと感じたので、現場でどのような空気感になるか楽しみです」とワクワクしている様子。また、平も中島に対し「漫画の中の王子様そのもののイメージであり、尚は中島さんだと思って原作を読み進めていました」としっかりイメージをつかんでいるようだ。

 今回、中島、平ともに共演経験のある知念は「健人とは中学生以来の共演となるので、大人になった二人の掛け合いを楽しみたいと思います。平さんは『忍びの国』では1日だけしかお芝居出来なかったので、今回はたくさん一緒に出来る事が楽しみです」とコメントを寄せ、再共演を心待ちしているようだ

 映画『未成年だけどコドモじゃない』は12月23日より全国公開。

最終更新:6/15(木) 18:10
クランクイン!