ここから本文です

【先ヨミ】B'z再始動を飾るSGが9万枚目前セールスで首位、Da-iCEとこぶしファクトリーが2位争い

6/15(木) 15:20配信

Billboard Japan

 今週のCDシングル売上レポートから6月12日~6月14日の集計が明らかとなり、B'zの『声明 / Still Alive』が88,773枚を売り上げて現在首位を走っている。

 『声明 / Still Alive』は、自身通算53枚目で、個々のソロ活動を経たB'zの再始動を飾る2年ぶりのシングル。表題曲は、『UCC BLACK無糖』のTVCMソングに起用中の「声明」、木村拓哉主演のTBS系日曜劇場『A LIFE~愛しき人~』の主題歌「Still Alive」の2曲で、そのほか「世界はあなたの色になる」、「フキアレナサイ」と全4曲が収録されている。セールス力は今作でも強みを見せ、初動3日間で9万枚目前となっており、次週発表の週間結果で10万枚を超える可能性もありそうだ。

 続いてDa-iCEの11thシングル『トニカクHEY』が35,167枚を売り上げて2位。今週末にはリリースイベントも開催されることや、その後にツアーを行うこともあり、シングルの売上もまだまだ勢いを増すだろう。そして、3位のこぶしファクトリー『シャララ!やれるはずさ / エエジャナイカ ニンジャナイカ』が32,267枚でその後を追っている。2作の差は約3,000枚と小差のため、次週の発表で順位がどうなるかにも注目したい。



◎Billboard JAPANシングルセールス集計速報
(2017年6月12日~6月14日までの集計)
1位『声明 / Still Alive』B'z 88,773枚
2位『トニカクHEY』Da-iCE 35,167枚
3位『シャララ!やれるはずさ / エエジャナイカ ニンジャナイカ』 32,267枚
4位『チアリーダー / 恋花火』ふわふわ 25,842枚
5位『願いごとの持ち腐れ』AKB48 20,907枚
※Billboard JAPANのCDセールスデータは、SoundScan Japanのデータを使用しています。

最終更新:6/15(木) 15:20
Billboard Japan