ここから本文です

たくさん取れたぞチューリップ 砺波で児童が球根掘り取り

6/15(木) 13:32配信

北日本新聞

 みんな、春のとなみチューリップフェアには行ったかな。たくさんのカラフルな花が咲(さ)いていてオイラすごく楽しかったぞ! そのフェアの会場、砺波市(となみし)の砺波チューリップ公園周辺で15日、市内の小学生が球根(きゅうこん)の掘(ほ)り取りを始めたよ。初日は庄南小(しょうなんしょう)の3年生36人が作業したんだ。

 場所は市美術館(びじゅつかん)南側の「フラワーロード」の花壇(かだん)50メートル。庄南小のみんなは昨年10月、同じ花壇で球根の植え込みもしたんだって。きのうは「ゴールデンプリンスクラウス」(黄)の球根2千個を丁寧(ていねい)にスコップで掘り出したぞ。

 球根は学校花壇に植えたり、家に持ち帰ったりするそうだ。大川愛桜(あいさ)さん(9)は「たくさん取れたので、家に植えたい」と話していたよ。

 30日までに砺波市内の全8小学校の児童(じどう)444人が2万6千個の球根を堀り取るそうだよ。

北日本新聞社

最終更新:7/1(土) 20:58
北日本新聞