ここから本文です

石井一久氏がみた巨人・山口俊

6/15(木) 10:00配信

ベースボールキング

 14日に行われたソフトバンク戦に移籍後初先発した巨人・山口俊の投球について、同日放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人-ソフトバンク戦』で解説を務めた石井一久氏が語った。

 右肩の故障で出遅れた山口俊だったが、そんなことを忘れさせるくらいの投球を披露した。初回、1番・川崎宗則、3番・中村晃から三振を奪うなど三者凡退に抑える立ち上がり。山口の初回の投球に石井氏は「マウンドの立ち姿がいい。(立ち上がりは)良かった」と評価した。

 テンポの良いピッチングで、ソフトバンク打線を3回まで無安打に抑える。2巡目となった4回も、先頭の川崎を1ボール2ストライクから5球目のフォークで見逃し三振。この奪三振に石井氏は「真っ直ぐありきの変化球。高めから結構な落差で真ん中に落ちていきましたけど、今日はカウント有利なところから自在なボールを投げられることからピッチャー側のゲームで進んでいますよね」と分析した。

 山口俊は4回、5回も無安打に抑え、5回までノーヒットピッチングを継続。0-0の6回に2つの四球で二死一、三塁と得点圏に走者を背負ったが、今宮健太を高めのストレートで二ゴロに仕留め、最大のピンチを脱した。その裏、巨人は坂本勇人の2ランで先制。2点のリードをもらいノーヒットノーランの期待が高まったが、7回からマシソンがマウンドへ。移籍後初登板は、6回0安打8奪三振4四死球0失点の投球内容だった。

 石井氏は6回を無安打に抑えた山口俊について「力のある投手だと思いました。リハビリの段階で焦らず、6月まで我慢ができたことが、ナイスピッチングに繋がったと思います」と話した。

 巨人は菅野智之、マイコラス、田口麗斗に続く4番手以降の先発陣に苦しんでいたが、山口俊の復帰によりローテに厚みが生まれそうだ。

(ニッポン放送ショウアップナイター)

BASEBALL KING

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合6/23(金) 12:40