ここから本文です

ペレス、F1カナダGPでの命令無視を否定「チームに逆らったりなんか絶対しない」

6/15(木) 6:34配信

オートスポーツweb

 フォース・インディアのセルジオ・ペレスは、F1カナダGP決勝における自らの行動をめぐって論争が起きてはいるものの、自分がチームオーダーに逆らうはずがないと主張している。

F1カナダGP決勝で、同僚のオコンに順位を譲らず物議を醸したペレス

 カナダGP決勝でダニエル・リカルドに対する表彰台争いを有利にするために、同僚のエステバン・オコンを先に行かせるようチームが提案したものの、ペレスは順位を譲らずに前を走るリカルドへのアプローチを止めなかった。

 オコンはチームメイトの振る舞いに対して失望したにも関わらず、ペレス本人は、チームからポジションを譲れという指示は受けていないため、一体これが何についての騒ぎなのか理解できないと語った。

「問題はマスコミがこの話をでっちあげたってことなんだ。なぜって、僕が命令に従わなかったことなんて一度もないんだから」

「僕たちはオコンを先に行かせるかどうかについて話し合っただけさ」


「でも僕は速度をあげてリカルドにアプローチをかけた。それだけのことだ。決して自分のチームを無視したりしなかった」

「僕はフォース・インディアに最高の結果をもたらすためにここにいるんだ。もし命令を受けたらそれに従うさ。でもここで命令はなかった」

 オコンはリカルドをとらえて3位になるチャンスがあったと感じているが、2人は日曜の夜に和解してもう何の問題もないとペレスは言った。

「ああ、オコンと僕の関係はすべて順調だよ。特に素晴らしいリザルトを取った後だし、今まで通り競争力が高い週末はいい雰囲気だとチーム全員が感じている」

「今日、チームはコンストラクターズ選手権でフェラーリと同じ18ポイントを獲得したんだから喜ばなきゃいけない」

「僕たちのライバルはそんなにうまく行かなかったんだから喜ぶべきだ。僕がチームオーダーを尊重しなかったなんていう話に注目すべきじゃない。なにもなかったんだから」
  
「エステバンがあのペースでいるのはいいことだよ。チームにとってエステバンが良い仕事をし続けることは重要だ。僕は自分の仕事をやり続けるさ」  

[オートスポーツweb ]