ここから本文です

感謝の贈り物さまざま 父の日商戦ピーク

6/15(木) 17:00配信

紀伊民報

 18日の「父の日」を前に、和歌山県紀南地方の商店やスーパーマーケットではギフト商戦がピークを迎えている。涼しい素材の洋服、かばんや財布、ワインなど商品は多種多様。ごちそうを囲む家庭も多いようだ。

 田辺市南新町の洋品店では近年、6月でも暑い日が続くため、紫外線防止や吸水速乾性の素材など涼しく着ることができるシャツが人気。定番のポロシャツやTシャツは、幅広い年代に対応できるシンプルなデザインが好まれている。財布やかばん、帽子、ベルトなども売れているという。

 価格帯は3千円~1万円。長く愛用してもらえるブランド品や品質の良い商品を求めている人が多いが、複数の商品をセットにして贈る人も最近は増えているという。

 田辺市下万呂の酒店では、2千円前後の焼酎や日本酒、ワインを購入する客が多い。「お父さんいつもありがとう」や「感謝」などと書かれたラベルを貼ったものも用意している。

 田辺市上屋敷1丁目のうなぎ専門店では近年、父の日にうなぎのかば焼きを買っていく客が増えており、土用の丑(うし)の日に次ぐ忙しさになっているという。店の人は「うなぎが夕飯に並んだら喜んでもらえるし、お父さんだけでなく、一緒に食べられるから選ばれているのでは」と話している。

最終更新:6/15(木) 17:00
紀伊民報

Yahoo!ニュースからのお知らせ