ここから本文です

南方から珍客?富来にアオザメ

6/15(木) 2:14配信

北國新聞社

 志賀町の富来漁港で12日、定置網に掛かった体長1メートル弱のアオザメが水揚げされた。人に危害を加えることもあるというサメで、漁師の間で話題となった。

 のとじま臨海公園水族館(七尾市)によると、アオザメはネズミザメ科で体長3メートルほどに成長する。暖海域に広く分布し、日本海の水温が上昇して南方から能登沖に回遊してきた可能性がある。1982(昭和57)年に水族館がオープンして以来、同館がアオザメを確認したケースは10件ほどという。

北國新聞社

最終更新:6/15(木) 2:29
北國新聞社

Yahoo!ニュースからのお知らせ