ここから本文です

マンU、22歳リンデルフの加入手続完了を発表…今夏1人目の補強

6/15(木) 6:50配信

SOCCER KING

 マンチェスター・Uは14日、スウェーデン代表DFヴィクトル・リンデルフの獲得について、移籍手続きが完了したと発表した。契約期間は4年で、1年延長のオプションが付いている。

 ベンフィカでプレーしていたリンデルフについては、10日にマンチェスター・U移籍がクラブ間合意に達したと発表されていた。イギリスメディア『BBC』によると、移籍金は3100万ポンド(約44億円)。メディカルチェックや国際移籍証明書の手続き、個人の契約条項の話し合いなどが残されていたが、14日に移籍完了の発表に至った。

 移籍にあたり、リンデルフは「ベンフィカでも素晴らしい時間を過ごして多くのことを学んだけど、ジョゼ・モウリーニョ監督の下、プレミアリーグでプレーすることをとても楽しみにしている。早くチームに合流して、今後さらに多くのタイトルを勝ち取るための助けになりたい」と抱負を語っている。

 そしてモウリーニョ監督は「ヴィクトルは才能豊かな若手で、今後その才能をさらに開花させていくだろう」と高い評価と期待感を示している。

 現在22歳のリンデルフは地元ヴェステロースの下部組織出身。2012年にベンフィカへ移籍した。当初はBチームでの出場が続いたが、2013年10月にタッサ・デ・ポルトガル(カップ戦)でトップデビューを果たし、2015年にトップチームへ昇格。15-16シーズンの後半からレギュラーの座をつかみ、今シーズンは公式戦47試合に出場して、4連覇となるプリメイラ・リーガ優勝とカップ戦の2冠に貢献した。

 スウェーデン代表では、2016年3月に行われたトルコ代表との国際親善試合でデビュー。同年6月のユーロ2016では、本職のセンターバックだけではなく右サイドバックでもプレーした。

SOCCER KING

最終更新:6/15(木) 6:50
SOCCER KING